バンコククラブ

海外タイでの生活相談 バンコク起業サポート 便利ニュース紹介&アドバイス情報

本当SEO対策に強い業者は制作もカバー出来るバンコクプロ集団

本当SEO対策に強い業者は制作もカバー出来るバンコクプロ集団

インターネットが世界の仕組みをがらりと変えて早十数年、今ではお店や会社情報を調べるのは当たり前のようにインターネットの検索googleやyahooといったサーチエンジンを使う人が多い傾向にある昨今。

企業もアナログ広告に力を入れるよりもデジタルのインターネット広告に予算を割くようにプロモーションを行っている現在、インターネット(ウェブサイト)はビジネスを行う上ではなくてはならない存在であると言えます。

もちろん、そういった傾向は日本のみにあらず、ここタイ・バンコクの地でもお店や会社を起こす場合ウェブサイト制作・SEO対策はスタンダードであり、タイ・バンコクでは特に携帯電話がかなり発達している事から、SNSソーシャルネットワーキングサービスや、パソコンPC対応のみならずスマートフォン対応に関しても求められる傾向もあります。

さて、そんな苛酷なインターネット新時代を生き抜くために、今回はSEO対策という部分に焦点を当てて具体的にSEO対策とはなんなのか?という事について掘り下げてご紹介していきたいと思います。

本来のSEO対策とは、googleやyahoo等のサーチエンジンにわかりやすく通知する事である

VER88_sumafonayamu15150207_TP_V

元来のSEO対策というのは、そもそも、いかに検索エンジン(Google,yahoo,Bing)と言った検索エンジン達にサイト構造をわかりやすく通知する事であり(Search Engine Optimization)という意味合いが本来はあります。

しかし、昨今では特定のキーワードで検索上位へ持ってくるという事がSEO対策だと思われている傾向があります。

近年のSEO対策界隈で流行っているブラックハット・ホワイトハットとは何か?

SEO対策と一口に言っても様々な手法が現在では存在しております。

悪質なブラックハットと呼ばれるスパム的な手法のSEO対策や、ユーザーへ有益な情報を如何に伝えやすくサイトを最適に構成させる事に主軸においたホワイトハットと呼ばれるSEO対策等、様々な情報が現在インターネット上には多く議論されています。

SEO対策におけるブラックハットについて

YUKA160113344195_TP_V

代表的なSEO対策におけるブラックハットとしてあげられる手法の中で、真っ先に思いつく手法は金銭で数百ものウェブサイトから外部リンクを購入する手法ががまず思い浮かびます。

SEO対策業者から質の悪いリンクを購入し、自分のサイトへ特定のキーワードのリンクで一気に集中させ外部リンクを集める手法。

現在でもある一定の基準でこの手法を用いている業者も存在しておりますが、長い目で考えた場合こういった手法は現在Google等ではペナルティ対象であり、ユーザーに有益な情報を与えたいと考えているgoogleのガイドラインには沿わない手法の一つであり、こういったSEO対策はマイナスですので施行しない方が良いと言えるでしょう。

他にも原始的な手法ではありますが

  • 隠しリンク
  • 隠しテキスト
  • コメントスパム
  • 記事コピーサイト

と言った手法も昨今SEO業界に流通したブラックハットの一つとしてあげられます。

さて、近年のブラックハットで有名な対策としてあげる手法の中で、サテライトサイトと呼ばれるメインサイトとは別にのサイトを用意し、さも記事内に一方のサイトが良いという風に自演リンクを施し、メインサイトのランキングをあげる手法です。

ただ、こちらの手法は一概に全部がブラックハットと言われれば有益なコンテンツ、そして記事の内容とその記事先の内容がマッチしているのであればgoogle的な評価は得られる手法である為に、こういったSEO対策を施行している業者は現在数多くいる事でしょう。

SEO対策におけるホワイトハットについて

tsuruno13_TP_V

ブラックハットと対をなすホワイトハット、こちらの対策の根本的な概念としてあげられる事は、自サイトのコンテンツ強化を主軸に、サイトの最適な構造化を行った上でナチュラルな内部・外部リンクを増やしてユーザーが欲しいと思っている情報を最適に提供する事が第一と考えられている手法であり、1〜2日程度対策出来るようなものではなく、長期的な視野でサイトのコンテンツを日々強化していき、ロングテールのキーワードも戦略として考えた上でしっかりと拾っていく対策です。

したがって、短期間でSEO対策を考えるのではなく、長い目でみてgoogle等からペナルティを受けない対策を行う事から、ホワイトハットで順位が獲得出来るのであれば長期で高順位を維持できるので、その場限りのブラックハットを行うのではなくて長いビジネスを行う上ではホワイトハット対策を主軸に行う方が良いと言えるでしょう。

ソーシャルメディアを用いたSEO対策とは

内部リンク・外部リンクとはまた別にGoogleから評価を得る事として近年ではソーシャルメディアによる拡散もSEO対策を行わなければ行けない対策の一つであると言えます。

特に、タイ・バンコクでビジネスを考えるとするならばタイ人は携帯電話を用いた、アプリによるソーシャルネットーワークサービスを使っているという傾向もあり、Facebook、LINE、Instagramと言ったプロモーション展開も視野に入れて考えていく必要があり、ソーシャルメディアを有効に活用する事により、SEO対策を施したいウェブサイトも相対的に評価が上がっていくと考えて良いでしょう。

企業として行うSEO対策は何ができるのか?

max16011542_TP_V

まず、大前提としてウェブサイトを更新しないサイトにはいくら外部対策、内部対策を施したとしてもある一定の成果は出るものの、広い目で見た時のロングテール(ニッチなキーワードでの検索上位)における対策は行えません。

限定的なキーワードであればすぐさま反映される事もありますが、ウェブサイトの更新が行われないサイトというのはGoogle等のガイドラインによるとユーザーに最新で有益な情報を与えてないと見なされ、SEO対策後2〜3ヶ月の間では、効果は見込めるかもしれませんが、半年後・1年後といった長期的な目で見ると、更新を行っていないサイトであれば、徐々に重要度が低いという判定に変わっていく傾向にありますので、まずはサイト構築後どういったスパンでサイトを更新していくのかを考える事も立派なSEO対策だと言えるでしょう。

SEO対策とは短期間で成果は出にくく二人三脚で施行していくものである

freee151108028752_TP_V

SEO対策を施行したからと言ってすぐさま成果が出るものではありません。

新規作成したウェブサイトであればなおさらです。

日々積み重ねて更新を行っていき、GoogleやYahooへまずは信頼におけるサイトだという認識を行わせ且つ閲覧したユーザーに有意義の情報を与えられるようなサイトでなければ本当のSEO対策とは言えないでしょう。

こうしたSEO対策を行っていく上では、まずはしっかりとしたSEO対策における専門的知識のある人、そしてウェブサイト制作に関しても実際に、導線をスキーム立てて、コーディングを施して作り込める技術者でないと、中途半端なSEO対策を施行されるだけならまだしも、最悪googleの評価をを落としかねない対策を施すSEOの会社もいる事でしょう。

しかし、バンコククラブでは本物の対策を行う事の出来るSEO業者を独自のラインで確保しており、これからバンコクで商売をしたい、起業したい、成功したい!。いまより集客を増やしたい。という方達の為にご紹介しております。

二人三脚でウェブサイトを盛り上げていく、泥臭い手法を行っている業者ではありますが、そういった痒い所に届く対策が行える業者というのはバンコクでは数少ない貴重な日本人&タイ人技術者ですので、自分のサイトを上位ページに表示させたい、紙媒体以外でのお店の集客を増やしたい、タイ人に向けて商品をタイ語で宣伝したい、ライバル店のHPより強いインターネットサイトになりたい。などご要望は無数にあるかと思いますが、SEO対策をタイで行いたいという方が、いらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせください。

コメントComments Off
Return Top