バンコククラブ

海外タイでの生活相談 バンコク起業サポート 便利ニュース紹介&アドバイス情報

SEO対策を行う上で内部的な評価を高める為の設定を理解しよう

SEO対策を行う上で内部的な評価を高める為の設定を理解しよう

宣伝の為にウェブサイトを作成しても、結局の所サイトに足を運んでくれる人がいなければウェブサイトの本領は発揮されず何十万も掛けて制作したのに・・・無駄になってしまいます。

今回はそんな作成したウェブサイトへ如何にユーザーに知ってもらい、如何にウェブサイトへ足を運んでもらうためにはどうすればいいのか?そういったSEOの初歩的な部分といいますか、作成したウェブサイトへSEO対策を施す事を念頭に考えた場合、まず第一にどういった内部対策を行っていけば良いのかという所に注目し、ご紹介していきたいと思います。

サイト内のタイトル・キーワードディスクリプション選定は作成したコンテツ毎に選定していこう

OZPA_attoiumanni25manpvkasegu_TP_V

SEO対策を行う基本的な初歩としてまずはサイト全体におけるタイトル・キーワード・ディスクリプションの選定をしっかりと決める事が非常に重要となってきます。

SEO対策を行っていく場合、メインサイトのタイトル・キーワードそして、ディスクリプションといったこの3つの要素の選定し、HTML内のMETA情報文法に沿って挿入していく事がSEO対策の第一歩です。

メインコンテンツ(TOPページ)の主要な中身が決まったら、今度は各コンテンツ毎にひとつひとつのタイトル・キーワード・ディスクリプション周りの設定をサーチエンジンが提示しているガイドランに沿って記述していく必要があります。

タイトル・ディスクリプション・キーワードのSEO的に映える記述の作法

PAK85_lalamushimegane20140321_TP_V

SEO的に映えるタイトルタグの記述方法

タイトルタグの選定についてウェブサイトのSEO対策を考える上では、作成したコンテンツのタイトルは最重要であり、タイトルタグ(<title>〜</title>)と呼ばれているhtmlコードの間に30~32文字のタイトルを収めるのが良いとされております。

なぜこういった概念が生まれているのかと言いますと、近年では一般的にインターネットで情報を探す場合検索エンジンを使われる方が大多数を占めており、ウェブサイトのURLを記憶して打ち込む人は稀とされております。

したがって、何かをウェブで探したいという人達は大半が検索エンジン(google,yahoo,bing)を使用して結果から自分の探したいキーワードにマッチする記事を選ぶ人たちが大半であり、googleの検索結果等の表示も32文字以降は省略される仕組みになっており、ぱっとした視認性を考えた場合でもユーザーに提供したいタイトルを30~32文字で表すのが検索結果的に綺麗に収まり、タイトルSEO対策を考える上での一般的な考え方とされております。

32word

SEO的に効果を発揮するディスクリプションの記述方法

本来のディスクリプションの役割とは、検索したユーザーにそのページの魅力を伝える為の注釈文であり、順位を上げる為の施行ではありません。

しかし、ユーザーによりよい情報を与えたいと考えているgoogleはユーザーが欲しいと思っているコンテンツを最速で検索結果に表示させるためにはこういったディスクリプション部分にも記述をされている、このページはどういう内容なのか?という事をしっかりと精査し、クロールを行っていることからしっかりと各ページ個別にディスクリプションを設定し、googleへ正しく伝えることも重要といえるでしょう。

SEO的にページのキーワードしっかりとgoogleへ通知する表記の方法とは

metaのキーワードを設定する場合一般的には最大10個程、キーワード内で収めることが推奨されており、記述の仕方は

【バンコククラブ,バンコク コンサルティング】

といったように、記述したコンテンツの内容で使っているキーワードの中から選定し、【,】区切りでキーワードを設定していきます。

こういった記述をきちんとすることによって、そのコンテンツ内のキーワードが重要視され、google等の検索で表示される時に内容がオリジナルのコンテンツ且つユーザーに有益な情報を提供できているような内容であれば、検索上位に表示される可能性がありますので、必ず設定は行うようにしましょう。

検索エンジンに拾ってもらう為にSEO的にはXML・サイトマップは必ず作成をしよう

gori0I9A3099072103255_TP_V

インターネットの検索のほぼ8割はgoogleとyahooの検索エンジンがシェアを握っている近年では、いかにこういった検索エンジンのクローラーに作成したウェブサイトを正しく認識して貰うことがなによりも大切です。

上記で挙げた基本的なウェブサイトの内部対策を施行後は必ず検索エンジンに通知する為の対策を行った方が良いでしょう。

その対策としてあげられる代表的な施行はXMLの作成とウェブサイトのサイトマップの作成になります。

特に重要になってくるのは、XMLの方であり、googleからクローラーが回ってきたときに即座に読み込まれる部分で、自分のサイトのURLをgoogleやyahooといった検索エンジンに認識して貰う為の大事な内部対策であり、XML作成は今は必須の項目といえるでしょう。

ただし、XMLを作成したからといって順位が即座に上がるといったわけでないので、早急に結果を求めすぎるのはよくありません。

 

SEO対策の効果を測定する為にグーグル・ウェブマスターツールには必ず登録を行っておこう

WEB99_bontop20150207161613_TP_V

googleが提供しているウェブマスターツールというものがあるのをご存知でしょうか?

こちらはgoogleのアクセス解析を設置と合わせて登録しておくと、自身作成したウェブサイトのキーワードの傾向や改善点等がはじき出されるツールであり、そういった改善点を元にしっかりと修正していくことも立派なSEO対策に繋がるので初めの段階でしっかりと登録しておくことをお勧めいたします。

短期的な視野でSEO対策を考えるのではなくて長期的なSEO対策を心がけよう

WEB86_bonniramiai20150207135448_TP_V

検索順位上位に自分の作成したウェブサイトが掲載されていれば、アクセス数も増え認知度もあがり、将来的には売上げにつながってくることもあるでしょう。

しかし、だからといって安易に短期的な視野でペナルティーを受けそうな対策や一点のキーワードのみに焦点を当てた対策を行ったところで、効果は一時的なものに過ぎず、もし本当にビジネス戦略としてウェブサイトを活用したいのならば、最初の構築段階からがっちりとサイトのコンセンプトはなんなのか?どういったキーワードで集客を行いたいのか?を考えた上で長い目で見た戦略が必要となります。

バンコククラブでご紹介するSEO対策業者は上記の対策を一緒に考えていける業者

【SEO対策SEO対策】と言うだけで中には何もせずに順位が上がったというだけで料金を請求する悪徳なSEO業者も存在します。

なぜ、そういった業者が存在するのかというと順位を上げる方法というのは実の所しっかりとした回答がない世界であり、検索エンジンのさじ加減で日々変動していくものです。

ですので日々変わっていく検索エンジンのアルゴリズムに一喜一憂に振り回されずにお互い足をしっかりと地に付け短かい対策で終わるのではなくてウェブサイトを最後の出口までしっかりと導いていくSEO業者へ発注出来る事がタイ・バンコクの海外の地でビジネスを行っていく上では大切なことなのではないでしょうか?

Return Top