バンコククラブ

海外タイでの生活相談 バンコク起業サポート 便利ニュース紹介&アドバイス情報

タイ滞在ビザ延長手続き方法・2017年2月バンコク入国管理局最新状況

タイ滞在ビザ延長手続き方法・2017年2月バンコク入国管理局最新状況

タイの滞在ビザの延長手続きについて、2017年2月現在のバンコクの入国管理局の様子についてお伝えします。2月13日にタイと国境を接する隣国・マレーシアのクアラルンプ-ル空港にて、金正男氏が北朝鮮の工作員とみられる者に暗殺された事件がありました。拘束された容疑者が、ベトナム国籍やインドネシア国籍などタイから近い東南アジア各国に関係していて、2月17日現在、まだ逃走中の人物もいることから、タイでも空港や国境は警戒をすることが予想されました。しかし、現在のところ、少なくとも入国管理局の方には規制など影響は出ていないようです。 

それでは、2017年2月現在のタイ滞在ビザの更新の様子について、順を追ってみていきましょう。 まず、バンコク都心を朝出発。BTSでモーチット駅を目指します。路線図を見ればわかる通り、地下鉄MRTでも行くことはできて、チャトチャック駅がBTSでいうモーチット駅付近となります。 

入国管理局へはBTSモーチット駅から、52番のバスで

都心・シーロム近辺からだと40分ほどでモーチットエリアにつきます。ここで地上に出て、入国管理局方面行きの52番のバスを待ちます。これが毎度のことですがなかなか来ません。昼に近づき暑くなってきた日差しのなか、やたら来る29番やA1(ドンムアン空港方面への周回路線。)表記のバスを見送り続けて、20分ほどで52番のバスが来ました。

今回、入国管理局近辺のバスを調べてみたのですが、入国管理局前の通りを進むバス路線は4本確認できました。51番、52番、150番、356番です。しかし、モーチット駅前を通る路線はやはり52番だけなので、BTSから乗り換えていくとなると選択肢はないことになります。どなたか、入国管理局に向かう他のバス路線をご存知の方は、情報をお寄せください。 

バスは運賃わずか9バーツ。待ち時間はともかく、結局最短ルートでモーチット駅から入国管理局までを結んでいるので、タクシーを使っても同じルートを進むので、時間的には差はないです。 

20分程進み、左折してタイ国鉄の線路を越えてから、2つ目の歩道橋を過ぎたところで、下車。広大な合同庁舎の敷地入り口から、待ち構えているバイクタクシーに「トーモー(入国管理局)」と告げて、バイクの後にまたがります。相変わらず、ヘルメットをかぶっているのはバイタクの運転手だけで、乗客はほったらかしのノーヘルなので、サドルを握る手の力も強くなります。

警戒態勢は基本的には変わらずだが、若干しっかり目?

広い広い敷地を走り、3分ほどで、玄関に到着。バイタクに20バーツを支払って、建物の中へ。 金正男暗殺事件もあったので、警備体制はどうかな、と思いましたが、特に変化はなしでした。ただ、以前は建物に入る前のゲートにあるX線探査機、や金属探知機は使ったり使わなかったりと、係員の気分次第のような感じでしたが、今回はしっかり荷物はX線の機械を通されました。ノートパソコンなどの精密機械はもっていかないほうが良いかもしれません。また、前は机にノートが広げてあるだけなので無視して中に入っていましたが、今回はしっかり記帳もさせられました。 

結構な混み具合でした。

この日は、結構な混み具合でした。

中に入り、まずは地下の写真館へ。写真4枚(更新で使うのは1枚のみ)撮影で100バーツです。コピーも必要な、パスポートの顔写真ぺージと最新ビザ・スタンプページを要領よくコピーしてくれます。(これは4バーツ。)

いつもより少し混雑。

そして、1Fに戻り、係員に「extension(ビザ延長)。」と言って、用紙をもらい、記入します。用紙を提出してから、実に、2時間30分は待たされました。

今回も用紙に変更点などはありませんでした。ただし、係員が、現住所の部分を念入りにチェックしていて、こちらが記入した英語表記のマンション名を指さして、「これはどこ?」などと聞いてきました。用紙に記入したとおりの住所を再度口頭で告げたところ、OK,と言われたので念のための確認だったのかもしれません。 

%e5%85%a5%e5%9b%bd%e7%ae%a1%e7%90%86%e5%b1%80-3

お釣りが今回は20バーツ札の束。しかもホッチキスつき!

このようにして、提出後、さらに30分程待たされたのち、無事にビザの延長手続きが完了しました。特に、記載内容に突っ込みが入ることはありませんでした。

気になったのは、更新費用は1900バーツなので、2000バーツを出したのですが、いつもは100バーツ札のおつりが、領収書にホチキス止めで返されるのですが、今回は、20バーツ札5枚でお釣りが来ました。たしかに混雑していたので、お釣りがたりなくなったのかもしれません。

しかも、なぜか20バーツ札が5枚束になってホチキス留めされていました。どうしていつもお金をホチキス止めするのか、意味不明です。

タイ滞在ビザ延長手続き方法・2017年2月バンコク入国管理局最新状況レポートでした。

 

Return Top