バンコククラブ

海外タイでの生活相談 バンコク起業サポート 便利ニュース紹介&アドバイス情報

タイ・バンコクでコンタクトレンズを買える場所・方法・料金・品質

タイ・バンコクでコンタクトレンズを買える場所・方法・料金・品質

タニヤの真ん中で目を開けられなくなりました。

夜のバンコク・タニヤ界隈をあちこち飲み歩いていたところ、突然、羽虫が飛んできてコンタクトレンズをしている目のなかに突入してきたのです。

虫はレンズの裏側と目の間に入り込み、激痛に襲われました。涙があふれて止まらなくなり、あたりがみえなくなりました。路上でしたが、なんとか必死にレンズを外してケースにしまいました。外ということもあり、洗浄液は持っていなかったので、メガネに替えて、戦線に復帰しました。

ところが、その晩、ハッスルし過ぎたつもりはないのですが、帰宅したら、ポケットにコンタクトレンズを入れたケースが入っていないのです。他のところにしまったのかな、と思いつつ疲れてそのまま眠ってしまいました。翌日、改めてカバンの方も探してみましたが、落としてしまったのか、行方不明になってしまっていました。1年以上使える、買った時に2万円はした高いソフトレンズだったので、ショックでした。

タイ コンタクトレンズ販売

タイでコンタクトレンズを販売している店

 このように、バンコクでの生活が長くなったり、タイを海外旅行で訪れていると、コンタクトレンズが古くなって調子が悪くなってきた、落として失くしてしまった、というトラブルがでてくることもあります。日本で使い捨てレンズを多めに買ってきたつもりだったが使い切ってしまった、という人もいると思いますが、そういったときはどうすればよいか、同じようなトラブルにあった方の参考になれば、と思い、コンタクトを買った体験談を書いてみます。

 バンコクでコンタクトレンズはどこに売っているの?

タイでもコンタクトレンズを買うことができます。

調べると、バンコクのMBKの1Fにコンタクトレンズを販売している店が2軒あるそうです。ワンデーアキュビューなどがあるそうです。

ところが気になる話をききました。タイにはコンタクトレンズ専門店はなく、メガネ屋さんにあるのだそうです。

この話を聞いたときに、ひとつひらめきました。休みの日に混雑するMBKまで出かけることがおっくうで時間もなかったため、「それならば、メガネ屋を片っ端からあたっていって、コンタクトレンズが置いているか聞いていけばよいのでは?」と思ったのです。

 このため、シーロム・サラデーン駅付近をふらふらして、メガネ屋を探しました。

個人商店みたいな小さなメガネ屋さんをみつけました。

コンタクトレンズはタイ語では、

คอนแทคเลนส์ コーンサーックレーンス といいます。

 コンタクトレンズ?と訊きましたが、おじさんは「?」というそぶりでしたので、指で円を作って目の中に入れるジェスチャーをしました。おじさんは、首を横にふっていました。

バンコク 眼鏡屋

視力測定の機械もあります。

コンタクトレンズを売っている店の様子

このような感じで、何軒か記憶にあるメガネ屋を探していくと、タニヤ通りのメガネ屋で、「ありますよ。」と言ってもらえたので、入りました。

 タイではコンタクトレンズを作るときに、眼医者の診察は不要です。眼科の処方箋なしで作れるので、保険証がなくても(当たり前だが)大丈夫です。

 眼鏡屋には日本と同じように、自動で視力を測るレーザーマシーンもあります。ただ、度の合っているメガネをもっていけば、それを測ってくれます。私も、そのように言われたので、メガネを外して渡したら、一瞬で測ってくれました。店員さんのタイ語が何と言っているか、わかりませんが、私がカタコトのタイ語で「ナニデスカ?」と連発していたら、紙に2つ数字を書いてくれました。私の視力のようです。

タイ 1か月タイプ コンタク

タイの1か月タイプのコンタクトレンズ。2個入り440バーツ。

タイのコンタクトレンズのタイプと付け心地は?

 続けて、英語で1か月タイプか、2週間タイプか、ワンデータイプのどれにするか質問されました。私が1か月タイプで、というと、箱を持って来てくれました。

「DUNA S」というアメリカのコンタクトレンズ会社のものです。単なる輸入品というわけではなくタイの現地法人もあるのでしょうか。シールなどではなくパッケージ自体にタイ語でも説明書きが書いてあります。

左右それぞれ2つ入って合計440バーツでした。MBKの店は500バーツだというので、若干安いです。洗浄液も買うことにしました。 こすり洗いのオプティフリー300mlが1本240バーツでした。 その場で鏡を借りて目につけました。ただし、洗面所があるわけでも、洗浄液を貸してくれるわけでもないので、注意が必要です。

  DUNA Sのつけごこちですが、特に分厚いとか、目に違和感があるということはありませんでした。この店はありませんでしたが、探せば日本製のレンズも扱っている店もあるようなので、自分のお気に入りがあれば銘柄をしてみてもよいでしょう。

タイ コンタクト洗浄液

洗浄液やケースなどケア用品も売っています。

 まとめると、

・タイでもコンタクトレンズは買える。使い捨てのワンデー、2週間、1か月タイプや1年タイプがある。

・メガネ屋で売っていることが多い。

・眼科の診察は、いらない。その場で20分ほどで買える。

・視力測定もできるがメガネを持っていくとすぐ測ってくれる。

・ソフトコンタクトレンズは1か月タイプ440バーツ(米国製・2個入り)

 以上が、タイでコンタクトレンズを買う方法・料金・品質についての結果でした。困っている方は参考になさってください。質問のある方はわかる範囲でお答えしますので、お気軽にメールをください。

 

Return Top