バンコククラブ

海外タイでの生活相談 バンコク起業サポート 便利ニュース紹介&アドバイス情報

タニヤ近く「レストラン北海道」特大カニ・ふぐ・寿司…TVも出た高級店

タニヤ近く「レストラン北海道」特大カニ・ふぐ・寿司…TVも出た高級店

タイ・バンコクでは日本食が何でも食べられます。特にタニヤ通り周辺はラーメンから寿司店までいろいろな店がそろっていて高級和食の店もあります。そうした日本料理の「レストラン北海道」の様子をご紹介します。

タニヤ通りからスラウォン通り(BTSサラデーン駅とは逆の方向)に出るとスラウォン通りを挟んで左斜め前方の道の反対側に、日本語で「北海道」と大きな看板が出ています。「かに道楽」みたいな大きなカニの立体看板もでています。ここが和食店「レストラン北海道」です。

高級和食の店のため、それなりに高額ということで名高い店なのでおそるおそる、中へ。

入口からすぐの中央はカウンターになっていて、寿司ネタケースが並んでいます。奥には掘りごたつ座敷があるというのでそちらへ。店の雰囲気としては、タニヤ通りによくある居酒屋と大差ないです。

お通し。

メニューをみてみました。

刺身盛(北)3,000バーツ(約9,000円)

刺身盛(海)2,500バーツ(約7,500円)

刺身盛(道)2,000バーツ(約6,000円)

かに会席コース 2,000バーツ(約6,000円)

寿司会席コース 1,500バーツ(約4,500円)

ふぐコース (てっさ、皮ポン酢和え、唐揚げ、てっちり、握り寿司、雑炊、フグ鍋)3,000B(約9,000円)

あんこう鍋コース2,500バーツ(約7,500円)

このほか、天ぷらもあります。たしかに、タイの日本料理店としては高額な料金です。ただ、かにやふぐ料理であれば、日本でそれなりの店に行けばこのくらいはするので、タイではなく日本にいると思えば妥当なのかもしれませんが…それにしても高級店の金額であるのは間違いないです。

通常の居酒屋メニューもあります。

枝豆100バーツ、塩辛ヤム200バーツ、いか塩辛150バーツ、もずく酢200バーツ、冷奴150バーツ、だし巻き玉子150バーツ、肉じゃが150バーツ・・・といったところです。

生干しこまい(250バーツ)や黒豆うま煮(200バーツ)、しゃけとば(150バーツ)といった、バンコクの普通の居酒屋ではみたことがない一品があるのも特長です。

これが、刺身盛の「北」です。約1万円する刺身盛…この日はお休みでしたが、メニューによれば普段は、寿司職人の中峰信二氏がいるそうです。中峰氏はテレビ東京の「TVチャンピオン」の寿司職人選手権の初代・第二回の優勝者でもあります。ボリューム、鮮度ともにさすがのものでした。

そしてこれが、タラバガニ(3,800バーツ)です。ライターの大きさと比べてみて下さい。立派なカニです。3人で行ったのですが、あまりにも大きすぎるので半分だけにしてもらって、これを色々な料理にしてもらうことにしました。カニ寿司です。身のぷりっとした感覚を味わえました。タラバであっさりしている味のため、いくらでもいけそうです。やはりカニ鍋は、12月なのに暑いバンコクですが、気持ちが温まります。

蟹グラタンはほのかに甘くクリーミーで、しっかりカニを食べているという食べごたえがありました。

といったようにカニ尽くしでぜいたくな一席でした。

高級和食ですが、個室座敷は古さが目立ち、天井の照明が落っこちて配線むき出しでぶら下がっていたりと、隙だらけな点はタイらしい店でした。

そうはいっても、日本語の達者なスタッフが常に近くで様子をみていて、鍋のおかわりをすぐによそってくれたりと、バンコクの日本料理店のなかではさすがの気配りでした。

値段が値段なので気軽にという店ではありまんが、ぜいたくしたい時やタイの日本料理店では少ない料理を食べたい時には、よいかもしれません。「おまかせ寿司コース(10貫1,500バーツ~)」「かに会席コース(2,000バーツ)」などお得なコース料理もあります。(予約必要)

「タニヤ近く「レストラン北海道」カニ・ふぐ・寿司…TVも出た高級和食」レポートでした。

【店舗データ】

<店名> レストラン北海道

<電話> +66 2 238 0961 ※「おまかせ寿司コース(10貫1,500バーツ~)」「かに会席コース(2,000バーツ)」などお得なコース料理は予約必要

<営業時間> 11:30 - 15:00 17:00 - 23:30

<日本語> メニューは完全日本語・日本語できるスタッフ常駐

<住所> 24,26,28,30 1st Floor, Duke Tower, Surawong Road

Return Top