バンコククラブ

海外タイでの生活相談 バンコク起業サポート 便利ニュース紹介&アドバイス情報

チャオクワイ(仙草ゼリー)入りタイ式紅茶をタニヤのコンテナ店で買う

チャオクワイ(仙草ゼリー)入りタイ式紅茶をタニヤのコンテナ店で買う

タイでよく見かけるデザートのひとつにチャオクワイというゼリーがあります。見た目はコーヒーゼリーそっくりの黒いゼリーで、仙草という薬草でできています。そのチャオクワイゼリー入りのタイ式紅茶が買えるお店が、シーロムのタニヤ通りの路面コンテナ店にあります。どのような味が試してみました。

店の名前は「ハッピーチャオクワイ」といいます。タイでは人気のチェーン店らしく、あちこちでみかけます。タニヤ通り店は、タニヤ通りのシーロム通り・BTSサラデーン駅側にあります。タニヤプラザの前の路上にコンテナの店舗が並んでいますが、黄色い看板のこのようなお店です。すべてテイクアウトのお店です。

全部のメニューにチャオクワイが入っています。タイティーアイス、抹茶アイス、ミルクアイスが45バーツ、チャオクワイゼリーだけが35バーツです。

タイティーアイスを買うことにしました。タイのミルクティーは、葉の成分のためなのか、煮詰めてしまうからなのか、とても濃くてオレンジ色をしています。また、びっくりするほど甘いのも特徴です。そのタイ式ミルクティーに、チャオクワイも入っているということで、タイ名物が一品で2種類同時に味わえるのです。

このように、オレンジ色の紅茶の上に、たっぷりチャオクワイ・仙草ゼリーが載っています。

飲んでみると、タイ式ミルクティーの濃厚な味と強い甘みが。たしかにこれだけ茶葉を煮詰めていれば、渋みがでてきてしまうので、たっぷりシロップをいれないと飲めないものなのかもしれません。

そして、フタをとります。ストローのほかに、小さいスプーンも入っていて、チャオクワイをすくって食べられるようになっているのです。

仙草とは、台湾で昔から食用にされている薬草の一種で、仙草ゼリーは仙草の茎を煮込んで出た汁を固めたものです。解毒・解熱作用があり、風邪や関節痛、高血圧、糖尿病などにも効き目があるされていますが、台湾では白玉などと一緒に食べるなど、ポピュラーなデザートとなっています。

スプーンですくって食べてみると、ハーブのような渋みがほんの少しある、不思議な風味です。硬さはコーヒーゼリーと餅の中間のような食感で、プニプニした感触はちょっとクセになりそうです。これだけでも食べたいくらいです。氷で冷やされたゼリーはとても清涼感があります。バンコクの暑い町中を観光や仕事で歩き回った後に飲むと、とても涼しくなります。

タイ式紅茶と仙草ゼリーの組み合わせは、いちどで2度おいしい、というものです。LCCのエアアジアでもこの「ハッピーチャオクワイ」の仙草ゼリー入りミルクティーが機内販売されているそうです。台湾名物とタイ名物の融合、これは確かに人気があるのもうなずけます。「チャオクワイ(仙草ゼリー)入りタイ式紅茶をタニヤのコンテナ店で買う」レポートでした。

【店舗データ】

<店名> ハッピーチャオクワイ・タニヤ店

<営業時間> 10:00~18:00

<日本語> 通じないが、店頭に写真と漢字表記あり。

<場所> シーロム・タニヤ通りのBTSサラデーン駅側の路上コンテナ店舗。

Return Top