バンコククラブ

海外タイでの生活相談 バンコク起業サポート 便利ニュース紹介&アドバイス情報

バンコク電脳街パンティップで中古PCにウィンドウズOS入れてみた

バンコク電脳街パンティップで中古PCにウィンドウズOS入れてみた

普段、作業をするノートパソコンを持っていますが、休暇の際に持ち歩いたりカフェなどで気軽に思いついた作業をするために、日本へ一時帰国した際、昔使っていたノートPCをタイに持ってきました。しかしOSデータが壊れていて起動しない状態だったので、“タイの秋葉原”として有名なパンティッププラザに行き、ウィンドウズOSを再インストールしてみた、というお話です。

壊れてもいいサブ機が欲しかった

パソコンのスペックですが、パナソニックのLet's note (レッツノート)型番CF-T2BW1AXRです。2003年製という骨とう品なので、Pentium M(1GHz)メモリーも1024MBというものですが、出かけた先でメールチェックやネット閲覧が少しできれば十分、と思っていたので持ってきました。

バンコクでPCやタブレットを外で持ち歩くと、スコールや、落として壊したり、スリによる盗難がこわいので、適当に使って最悪、壊れても構わない消耗品的なサブ機があれば便利かなと思ったのでした。

ところが、タイに持ち帰り久しぶりに電源を入れてみたところ、長年使っていなかったためか立ち上がりません。BIOS起動画面になってしまい、OSのデータが破損していることが判明。

購入した時のバックアップCDはとっくの昔に行方不明になっているので、これではせっかく日本から運んできたのに、ただのゴミです。

困ったことに、OSは懐かしのWindowsXP。2003年製のパソコンなので、ウィンドウズ7でさえもインストールしたら、処理能力が追い付かず使えない可能性が高いです。

かといって、バンコクの普通のパソコンショップに行ってもいまどきWindowsXPやVistaのOSなんか置いていません。

パンティップでなるべく怪しげな店を探す

そこで、パソコンやスマホのパーツや怪しい海賊版ソフトが売られている、“タイの秋葉原”ことパンティッププラザに行けば何とかなるかもしれないと思って出かけてみたのでした。

パンティッププラザの1Fや2FはスマートフォンやLED照明の店などが並んでいて、健全そうだったので、なるべくマニアックそうな店を探して奥へ奥へ進みます。3Fフロアの奥の方には、店頭に置かれているショーケースのなかに、ノートパソコンのキーボード部分だけとか、スマートフォンのガラス面だけといったパーツが置かれている怪しい雰囲気の店が増えてきました。

そうしたなかで、パソコンのむき出しの基盤やモニターが積みあがっている店があったので、「ウィンドウズ・OS、ミーマイ・カップ?」(ウィンドウズのOSはありますか?)とお兄さんに聞いてみたところ、「ミー・カップ(あります)」と返事が。

ノートパソコンを取り出し、店のカウンターの上に置いて「じつは、ウィンドウズXPなんですけど…?」というと「あるよー」とのこと。

お兄さんは、それまでしていた作業の手をとめて、こちらのPCにLANケーブルを接続したり、USBメモリーでなにやデータを入れ込んでいたかと思うと、CDを店の奥から取り出してきて、PCにインサート。

ギ、ギ、と骨とう品ノートPCがCDを読みこむ音がして、インストールが開始されたようです。お兄さんは笑顔でプラスチックのイスを指さして、座って待っててねー、というのでお言葉に甘えて座って待機しました。

問題なく再インストール完了。Officeもサービス

インストールは20分程かかりましたが、その間、アメリカ人のお客が店にやってきて「ウェブカメラはないか?」と聞きに来たり、同じフロアの近くの店の7歳くらいの子供たちが、廊下でパソコンを運ぶ台車に乗って遊びまわっていたり、という様子を見ながらのんびり待機。

しばらくすると、お兄さんが「OK」といって手招きしました。

電源を入れて再起動すると、無事、パソコンが立ち上がりました。OSはタイ語ではなく英語版になっていて、見たところ海賊版ではなく本物のようです。お兄さんは、作業代は「500バーツ」だと言いました。激安です。ちなみにウィンドウズ7などは1500バーツほどなのだそうです。さいごにダメ元で、「オフィス、ワードとエクセルはありますか?」と聞くと、Word2003と大昔のバージョンですが、サービスでインストールしてくれました。

持ち帰りましたが、ちゃんと、ネットブックとしても使え、メールはもちろんワードでの簡単な作業もできました

パソコンが壊れて、OSの再インストールが必要な場合、中古PCを入手してOSのバージョンを変えたい場合など、便利だと思います。ただし、今のところ問題なく使えていますが、正規のものなのかはよくわからないのでご利用は自己責任でお願いします。

【店舗データ】

<店名> ALOHA(アロハ)

<場所> パンティッププラザ3F

<言葉> タイ語オンリー。

<営業時間> 12:00~20:00(この店の場合。パンティップは多くの店が18時頃には閉まりだす。)

Return Top