バンコククラブ

海外タイでの生活相談 バンコク起業サポート 便利ニュース紹介&アドバイス情報

速報タイ前国王葬儀・タニヤ・パッポンの街の様子・コンビニも閉鎖

速報タイ前国王葬儀・タニヤ・パッポンの街の様子・コンビニも閉鎖

2017年10月26日現在、タイ前国王・ラーマ9世・プミポン国王陛下の葬儀が行われています。プミポン前国王陛下(ラーマ9世)の葬儀日程は、2017年10月25日(水)から29日(日)までです。タニヤパッポンなどの街の様子をリポートします。

葬儀は、25日の17:30よりお別れの祈りの儀式が行われ、26日の7:00から柩が火葬施設へ移動。17:30から火葬の儀式が行われ、22:00から翌朝6:00にかけて火葬が行われます。そして29日(日)17:30 に納骨されます。 

26日は、朝から街は全身黒ずくめの人々が歩いており、終日無料運転のBTSやMRTなどの電車に乗って、王宮付近に弔問に向かっていました。王宮付近には13万人もの人々があつまり、前国王陛下へさいごのお別れをしているとのことです。

TVでは葬儀の様子が放映され続け、多くの人は自宅などでTVを注視しています。

 

26日のシーロムの繁華街パッポン通りの様子です。ここは普段は、ナイトマーケットやゴーゴーバーなどの店が並んで夜遅くまでにぎわっていますが、26日はまったく人通りがありません。

パッポンから徒歩3分の日本人街、タニヤ通りです。こちらもバーやカラオケ(タイ式クラブ)が並ぶ街ですが、本日は全店が休業しています。こちらはタニヤ通り・カラオケアゲハ前付近の夕方の様子。

特に、火葬が始まった17:30ころからは、通りを歩く人や車さえ少なくなり、街から音が消えて静まり返っています。

 

セブンイレブンやファミリーマートなども、シャッターを閉めて午後から営業を停止しています。これはタニヤ通り、カラオケ「ラベンダー」前付近。タイ全土が厳かで静粛な雰囲気の中、前国王陛下に祈りをささげているという状況です。

タイ観光庁などの発表では、27日以降は、店舗などは通常通りの営業に戻るとのことです。そして埋葬が行われる29日以降は完全に喪が明けるとのことです。タニヤなどの繁華街の飲食店も27日から営業再開のようです。以上、速報タイ前国王葬儀・タニヤ・パッポンの街の様子・コンビニも閉鎖レポートでした。

Return Top