バンコククラブ

海外タイでの生活相談 バンコク起業サポート 便利ニュース紹介&アドバイス情報

バンコクでプリンター外付けインクタンクの取り付けを改造屋に発注

バンコクでプリンター外付けインクタンクの取り付けを改造屋に発注

タイ・バンコクでパソコンのプリンターを使っていると、困る問題のひとつがインクの高さです。Canon、エプソン、HPなどメーカーや機種によって異なりますが、おおむね500~800バーツほどします。 

具体的にはオフィスメイト(バンコクに複数店舗あるオフィス用品店)を覗いていると、HPの型番CH562NO61COのカラーインク(3色まとまっているもの)が790バーツ、Canonの型番CL-746CLのカラーインクが899バーツといった価格でした。

外付け用ならかなりの量が入っていて安い。

外付け用ならかなりの量が入っていて安い。

機種によっては、大容量の補充用インクも売っていますが、たとえばエプソンのT664400MDTだと238バーツです。ただしこれはカラー1色の料金なので、3色組み合わせてフルカラーにすると714バーツになります。しかもこれに加えてブラックインクも必要になります。大体で計算すると、全カラ―そろえると1000バーツ以上はかかります。日本円で3000円ほどになります。

これは結構、割高ですし、ブラザーのようなマイナー機種を使っていると、店に行っても詰め替えインクが置いていなくて取り寄せ注文が必要になり、時間がかかるというデメリットもあります。

「タイの秋葉原」パンティププラザへの行き方

そうしたインクの高さにタイの人は、改造、という対抗策をとっています。なんと、プリンターに外付で巨大なインクタンクを取り付け、お徳用インクを補充するという方法なのです。

もとからこのように改造した「新品」も売っているそうですが、元々持っているプリンターや、日本から運んできたものにも取り付けができるとのことですので、とある日曜日にプリンターを持って試してきました。

プリンターの改造業者は、MBKなどにもいるそうですが、一番多いのが、「タイの秋葉原」として名高い、電気街・パンティッププラザです。ここは、BTSのラチャデーウィー駅から北側に向かい、ペップリー通りを右折(プラティナムファッションモール側)して徒歩10分くらいにある電気関係の店がたくさん入っている巨大なショッピングセンタービルです。

バンコクの秋葉原 パンティッププラザ

バンコクの秋葉原 パンティッププラザ

ここに、プリンターの改造業者がいるというので、入ってみました。

パンティッププラザでは、プリンターの改造業者はメジャー店らしく、2階以上のどのフロアにも改造屋はあります。写真のように、インクを大量においている店なら改造ができます。

プリンターが古い機種だったので、大丈夫かなと思いましたが、改造屋のお兄ちゃんに訊くと「大丈夫大丈夫。」ということだったので、頼むことにしました。片言であれば英語は通じます。

いくつかまわりましたが、改造費用は1000バーツほどでした。これは機種などにより若干違うそうです。

パンティッププラザの怪しげな電子部品ショップ

1時間でできるというので、プリンターを預けて、パンティッププラザ内を探索することにしました。

パソコンやスマートフォンはもちろん、海賊版DVDやパソコンの部品、防犯カメラ、アンプ、プロジェクター、ケーブルなどの電子部品、修理屋などの小さな店がひとフロアに数十店舗ひしめいていて、ぜんぶで五階までのフロアを埋め尽くしています。

アイフォンの割れた液晶画面や、本体カバー部分だけといったジャンク品も売っていたりして、秋葉原のラジオデパートを彷彿とさせる怪しげな雰囲気ですが、ICチップやスイッチなどの精密パーツ類はあまりなかったので、本格的に電子工作をするようなマニアからすると物足りないかもしれません。

ついでにケーブル類も買いましたが、店によっては流暢な英語をしゃべる店員もおり外国人観光客も多く歩いているので、タイ語があまりできなくても問題なく買い物ができます。

ちなみに、値引き交渉はタイの他の店と同様可能ですので、頑張ってみて下さい。複数買うからいくらにしてください、という感じで、購入金額によりますがある程度まけてくれます。

情報通り、すでに改造されているプリンターごと売っている店もありました。無線機能がついていない簡易プリンターであれば2000~4000バーツという格安価格で売っていたので、たしかにプリンターを買い替えるなら最初から改造品を買うという人も多そうです

プリンターの外付けインクの改造業者

プリンターの外付けインクの改造業者

改造後のプリンターは驚くほど良いコストパフォーマンスに

1時間ほどして、さきほどの店に行くとインクタンクが取り付けてありました。

その場でテストプリントもしてくれるので、接続が気になればノートパソコンを持参するとよいかもしれません。

お徳用インクはカラー3本と黒1本の4本ワンセットですが、100㎖入っている1ボトルあたり100バーツほどで入手できます。100㎖あれば改造タンクをいっぱいにできますので、正規品の10分の1ほどの燃費の良さ、ということになります。

改造したプリンター。

改造したプリンター。右についているのが大容量の外付けインクタンク。チューブで内部につながっています。

「バンコクのCanonでプリンター修理を日本人スタッフが親切に対応してくれた体験談」でお伝えしたように、改造をしたプリンターはそのままではメーカーの修理対象外になってしまいますが、インクタンクを撤去すれば修理を受け付けてくれるようになるので、こうした方法も選択肢の一つにしてもよいかもしれません。

もちろん、メーカーは推奨していないので改造は自己責任でお願い致します。

また、その後、タイ人に聞いた話ですが、「brother社製のは改造に強い。canonやエプソンは改造すると改造インクタンクが壊れやすい」ということをいう人もいるそうです。参考までにどうぞ。正規品のプリンターも売っている、パンティッププラザへの行き方・地図は以下の通りです。

ショップデータ【パンティッププラザ】

開館時間 10:30~21:00 (ただし各ショップの閉店時間は店次第。19時過ぎると閉店しだすそうです)

営業日 店による

アクセス BTSラチャデーウィー駅から北側に向かい、最初の大きな交差点でペップリー通りに交わるので、右折(プラティナムファッションモール側に向かう)して徒歩10分くらい。もしくはプラッティナムファッションモール側からペップリー通りを西に向かうと道沿いの左手にあります。

もしくはタクシードライバーに以下を見せてください。

พันธ์ทิพย์พลาซ่า  

604/3, ถ.เพชรบุรี, ถนนเพชรบุรี, เขตราชเทวี, กรุงเทพมหานคร

住所 604/3, Petchaburi Rd, Thanon Phetchaburi, Ratchathewi, Bangkok, 10400

駐車場 あり

言語 店により英語も通じる

Return Top