バンコククラブ

海外タイでの生活相談 バンコク起業サポート 便利ニュース紹介&アドバイス情報

【2019年2月~】ラオスでのタイ観光ビザ申請が予約制に・取得方法図説

【2019年2月~】ラオスでのタイ観光ビザ申請が予約制に・取得方法図説

2019年2月から、タイの各種ビザをラオスのビエンチャンで取得する場合、事前の予約が必要となりました。実際にビザ取得に行ってきた人から情報が寄せられたので、最新の状況と予約の仕方の流れについてまとめてみました。

その1 ビザ事前予約の方法について

みなさんこんにちは!予約制に変わったラオスのタイ領事館にツアーではなく個人で行ってきてビザを取得しましたので、レポートします。

タイに入国するための観光ビザは、タイ以外の国にあるタイの大使館か領事館で申請をして取得できます。

タイから近くて申請がおりやすいということで、ラオスのビエンチャンにあるタイ領事館に出かけてビザをとる人が多かったのですが、2019年2月1日から、オンラインでの事前予約が必要になりました。

今回から事前予約が必要になったのは、観光ビザ、トランジットビザ(飛行機乗換などで一時的に空港の外に出る場合のビザ)、ノンイミグラントビザ(就労ビザ・EDビザ(学生ビザ)・Oビザ(配偶者・扶養家族ビザ))の3種類のビザです。これ以外のビザについては、これまでどおり予約なしで直接領事館に行って申請しても大丈夫です。

予約は、ラオス・ビエンチャンのタイ領事館の専用予約サイトにアクセスします。

Consular Section, Royal Thai Embassy Vientiane Lao PDR

画面の赤丸の部分が、ログイン画面ですのでそこをクリック。

ログイン画面になります。もうメアドを登録している人は、ここからログインします。初めて登録する人は赤丸の「Sign Up Now」をクリック。次の画面になったら、左上から、名前、ミドルネーム(省略可)、苗字、国籍(選択)、右上からEメールアドレス、パスワード(決めてください。今後も使うので覚えておくこと!)、電話番号、パスポートナンバーを入力します。これで登録は完了。再び最初の画面に戻って、今度はメアドとパスワードを入れて、ログインします。

するとこの画面になるので左の赤丸で囲った部分の上でビザの種類を選び(観光ビザならTourist Visa)その下にあるカレンダーの中から、希望の日を選び、一番下の青い「SEARCH AVAILABILITY」を押します。

押したら、その日の時間帯別の空き状況が出てきます。時間帯は9:00~10:00、10:00~11:00、11:00~12:00の3つから選べます。予約ができる時間帯は、予約ボタンが青色、もう予約できない時間帯はボタンが薄い青色になっています。この画面の例でいうと、11:00~12:00だけまだ空きがあるということです。それ以外の時間はもう予約でいっぱいになってしまったのですね。もしすべての時間帯が予約でいっぱいの場合は、別の日を選びなおすしかありません。

希望の時間を選んだら、赤丸部分をクリックすると、予約ができます。予約完了となると、このように、整理番号が書かれた画面がでますので、スマホの場合はこれの写真を撮っておくか、プリントアウトして、ラオスの領事館までもっていきます。

その2 ラオスのタイ領事館での手続き方法

予約が済んだら、その日時に合わせてラオス・ビエンチャンへ向かいます。必要なものは以下の6点です。

・予約番号を印刷した紙(スマホの画面でも可)

・パスポート

・ビザ申請代(内容による)

・写真(3㎝×4.5㎝カラー2枚。襟付きの服で背景は白。)

・パスポートの顔写真ページとラオス入国スタンプのあるページのコピー1枚

・ビザ申請用紙

このうち、写真、コピー、ビザ申請用紙は、ラオスのタイ領事館の隣にいる代書屋で入手可能です。コピーについてはラオス入国時のスタンプが押されているページが必要なので、どのみちラオスで入手しなくてはいけません。申請用紙は英語で記入します。英語が苦手な人は、予め、領事館ホームページのトップページにある「Download Application Form」といボタンを押せば申請書がダウンロードできますので、自分で予め記入してラオスに持っていくとよいでしょう。

タイからラオス・ビエンチャンのタイ領事館へ向かう方法はこちらの記事参照。

ラオスでタイ観光ビザをビザランツアーを使わず個人でとる方法と費用

ビエンチャンのタイ領事館に着いたら、領事館の向かって右側にある小屋にいる代書屋に声をかけられます。100バーツで申請用紙の記入を代行してくれますが、自分で書ける簡単なものなので、コピーだけ、写真だけお願いするということでもよいでしょう。用紙が完成したら、領事館の中へ。門のところにいる守衛に、予約番号の紙(あるいはスマホ)を見せて中に入ります。列のようなものができていますが、別に入った順に座らなくてもよいです。係員のデスクの前にこのように「QUEUE NO.キュー番号」(予約した時に発行される整理番号)と書いた紙が貼ってあって、この写真の場合、整理番号221番から240番の受付中、という意味です。この範囲内の番号の人なら順番に関係なく、早いもの順で係員のところに行き、必要書類などを提出します。

ここからは、従来の観光ビザなどの申請と同じ流れになります。

パスポートの引き換え証。番号は受け取り順番。

書類に不備がなければ受理されて、パスポートが預かられます。引換証を受け取り、翌日の13:30から始まる交付まで待機となります。

翌日、13:30に再びタイ領事館へ。「QUEUE NO.キュー番号」の順番にビザが交付されていきます。電光掲示板と自動音声で自分の整理番号が呼ばれたら、窓口に行って、ビザ代を払い、無事新しいビザが貼られたパスポートを受け取りました。

目安ですが、「QUEUE NO.キュー番号」の1番から100番まで交付が進むのが14:00ころ、100番から200番までが14:30ころ、200番から300番くらいまでが15:00ころに順番が回ってくるペースです。でも、受け取りに遅れたり、行けなくて翌日以降になってしまうとビザが取り消しになるので、遅れないように気を付けてください。

ラオスマッサージもおすすめ! タイ領事館の近く、門に向かって右側に50mほど進んだところに2軒あります。

時間に余裕があれば、領事館の近くにあるカフェでくつろいだり、マッサージ店に行ってラオスマッサージを受けたりして待っているのがおすすめです。

最近はラオスの通貨キープに対して、タイバーツがとても強くなっているのでラオスのものはとても安くなっています。喫茶店ではだいたい18,000キープ(約64バーツ・211円)でアイスカフェラテが飲め、マッサージは1時間60,000キープ(約216バーツ・712円)です。タイ領事館近くのLAONGDAO HOTEL1(ラオンダオホテル1)は1泊シングルで1,000バーツ(約3,300円)で朝食がついてきます。 時間つぶしにビエンチャン市内を観光しても面白いですよ。

ラオス・ビエンチャン観光おすすめ便利スポット・土産物や両替マップ

いわゆるビザランを取り締まるためタイへの入国審査が厳しくなっているそうですが、比較的ビザがとりやすいと言われているラオスのタイ領事館なので、人数が増えることをみこして、予約制になったのでしょうか。でも予約さえしっかりしていれば、これまでと変わらないというのが実際に体験した感想です。

それではタイのビザ取得の参考にしてください!

 

Return Top