バンコククラブ

海外タイでの生活相談 バンコク起業サポート 便利ニュース紹介&アドバイス情報

タイ観光ビザの延長手続き方法・バンコクのイミグレ行き方と基礎知識

タイ観光ビザの延長手続き方法・バンコクのイミグレ行き方と基礎知識

タイに観光に来ていて、滞在期間を延長したい場合は、ビザの更新をすることができます。今回は観光ビザの延長を行った人による体験談が寄せられましたので、同じようにビザ延長を考えている方の参考に、ご紹介します。 

バンコクでタイ観光ビザの延長手続き方法・イミグレ行き方・基礎知識

みなさんこんにちは。バンコクで観光ビザの更新に行ってきました。

基本的なタイの滞在ビザについての基本情報と、延長の申請手続きの方法、国王様が亡くなった現在の最新のイミグレ―ションの状況についてリポートします! %e3%82%a4%e3%83%9f%e3%82%b0%e3%83%ac-5

観光ビザとは? 今さらきけないタイのビザについて 

まず、基本的な知識をまとめます。ご存知の方は飛ばして次章をご覧ください。日本のパスポートを持っている方(以下の情報はすべてこれを前提としての話です。)の場合、タイに入国する場合、30日間以内の観光目的などの滞在であればビザは不要です。

「年末年始に1週間ほどタイで休暇をとる。」

「学生が夏休みにバンコクから入って周辺国をバックパッカーし、1か月してバンコクから日本へ帰国。」

「モルディブに行く飛行機の乗り換えでタイに降り、ついでに空港の外に出て買い物をする。」

 というようなケースではビザは不要です。

 これ以外の場合は、目的に応じてビザを取得する必要があります。

「観光ビザ」(ツーリストビザ) → 31日間以上の観光目的で入国の場合。“シングル”は60日間有効。

「就労ビザ」 → タイで仕事をする場合。日本企業のタイ支社への転勤や、タイ現地の会社で就職する場合など。

「学生ビザ」(EDビザ) → タイの学校に入学する場合。

このほか、タイで年金生活を送るためのリタイヤメントビザや、投資家ビザなどがあり、タイ人配偶者がいる場合などは事情が変わってきますが、基本的なものは以上です。当然、観光ビザや学生ビザで入国して賃金の発生する仕事(アルバイトであっても)をするのは違法です。タイで就職した場合は、すぐに会社の方でワークパミット(労働許可)取得の手続きをしてもらう必要があります。 

観光ビザの滞在期間はシングルエントリー(期間によりシングルとダブルの二種類があるがダブルは近年取得が大変で難しいそうです。)の場合60日間ですが、イミグレ―ションに行って延長手続きを行えば、さらに30日間の期間延長が可能です。また、その後いったんタイを出国して再度入国すれば30日間(この際はビザ取得は不要。)、そしてその後イミグレーションにて滞在延長の手続きをとれば、さらに30日間延長できます。その後は、またビザが必要となります。 

わかりやすくまとめると、 

タイ国外で観光ビザ取得・タイ入国 

60日間滞在

イミグレーションで滞在延長手続き

30日間滞在

タイ国外に出国後再度入国

30日間滞在

イミグレーションで滞在延長手続き

30日間滞在

次回入国時はなにかしらかのビザが必要。

 

一度観光ビザを取得すれば最大5か月間(一度出国をするが)タイに観光目的で滞在が可能というわけです。次の章では、この延長手続きの方法と最新の様子についてお話しします。

 イミグレーションへの行き方

タイの観光ビザを延長したい場合はイミグレーション(入国管理局)へ行きます。

バンコクのイミグレーションオフィスは、バンコクの北部、ドンムアン空港の近くにあります。とても遠いです。日本人にもなじみの深いアソークやシーロムなどの都心エリアからは20㎞ほど離れています。全距離をタクシーで移動するとなると、シーロムやアソークあたりからだと250バーツ程でしょう。参考までに近くにあるドンムアン空港までででは300バーツほどです。

モーチット駅からイミグレまでの大まかなマップ

モーチット駅からイミグレまでの大まかな位置関係。(最下部にマップあり)

全部タクシーですとお金もかかるし、時間帯によっては渋滞にまきこまれるので、途中まではBTSやMRTを使います。BTSの最寄り駅はモーチット駅、地下鉄MRTではチャトゥチャック・パーク駅です。この二つの駅はすぐ隣同士にあります。駅名のとおりここは有名なチャトゥチャック・ウィークエンドマーケットがある所です。BTSで着いた場合は歩道橋を渡って、クイーンシリキット公園側に降りてください。MRTの駅の場合は、地上出口目の前の通りです。この通りにバスの停留所があります。 %e3%81%84%e3%81%bf%e3%81%90%e3%82%8c-6

ここで52番のバスを待ちましょう。20分も待っていればいつか来ます。52番のバスに乗ったら、運賃はエアコンなしのバスなら一律9バーツですので、車掌に払います。

このときに、「トーモー」(タイ語でイミグレーションのこと)と伝えておくと、忙しくない車掌であれば降りる停留所になったら教えてくれる場合があります。でも基本的には自分で窓の外の景色を見て判断してください。スマホがあれば位置情報サービスを見ながら今自分がどこにいるか確認してもよいでしょう。

モーチット駅からトーモー方面へ向かう52番のバス

モーチット駅からトーモー方面へ向かう52番のバス

モーチット駅からは約13㎞ほど離れていて20分ほどかかります。

最初はバスに乗った通りをひたすら北に向かいます。左側にはクイーンシリキット公園が見えていますが、しばらくすると公園が終わる角の交差点で少し左斜め前方に道を進んでいきます。それから6,7分ほど郊外の町を進んでいくと左側に鉄道(タイ国鉄)の線路と建設中の高架鉄道の高架が道路と並行するようになります。

そこから10分ほど進むとタイ国鉄のラックシー駅の付近でバスが直角に左折して線路を越えます。

%e3%82%a4%e3%83%9f%e3%82%b0%e3%83%ac-2

イミグレの入っている庁舎敷地の入り口

そこから1.5㎞ほど進むと二つ目の歩道橋の手前あたりで左側にこのような大きな建物が見えてくるので、ここでバスをおります。 

バスを降りて敷地に入るとすぐにバイクタクシーがたくさん待っていますので、トーモー(イミグレ)と伝えてバイクに乗ります。敷地は広大でイミグレーションの建物の入り口までは1.2㎞もあるので歩くと大変です。

バイクタクシーは入り口まで連れて行ってくれます。料金は20バーツでチップも特にいりません。20バーツ紙幣を用意しておきましょう。 

延長申請の手続きのやり方

建物に入ると金属探知機のゲートを過ぎて進むと正面に巨大なホールが見えます。その手前の右側がイミグレの受付です。

イミグレーションの入り口。

イミグレーションの入り口。

申請にはパスポート原本と、パスポートコピー(顔写真のページと最新入国スタンプのページ。白黒でOK)顔写真1枚、そして申請料1900バーツと記入用の青ボールペンが必要です。もし写真とパスポートコピーがなければ、ここの地下で撮影とコピーができます。エスカレーターで地下階に降ります。このような写真館があるので写真とコピーをとります。ここで写真を頼むと店の人はビザ申請のお客ばかり相手にしているので、何も言わなくてもサイズがわかっているので楽です。写真撮影は100バーツ、コピーは1枚2バーツです。%e3%82%a4%e3%83%9f%e3%82%b0%e3%83%ac-6

写真とコピーを入手したら1階のイミグレの部屋に入ります。

まず、受付で用紙をもらいます。

右奥のカウンターで用紙をもらい、このテーブルで記入して、奥の部屋に向かいます。

右奥のカウンターで用紙をもらい、このテーブルで記入して、奥の部屋に向かいます。

用紙はいろいろあるので何の申請かきかれますが、ツーリスト・エクステンション(観光ビザ・延長)と英語で言えば、わかってもらえます。記入するカウンターがあるので、そこで英語で記入します。記入例はカウンターに貼ってあります。そして写真を備え付けの糊で貼って奥の部屋に進みます。

ここにも入り口にカウンターがあるので、パスポートや今記入した用紙を提出します。

すると整理番号(アルファベットと数字)が書かれた紙を渡されるので奥にあるアルファベットごとの受付の前で待ちます。電光掲示板がありますが、今回は壊れていたのか、係員が口頭で番号を発表していました。聞こえなかったり英語の発音が非常にわかりにくかったで注意が必要です。%e3%81%84%e3%81%bf%e3%81%90%e3%82%8c-4 

自分の番になったら中に入って、申請用紙やコピーを提出し、申請料の1900バーツを支払うと、また番号札を渡されて、待ちます。 

混んでいる時など長い時には2時間待ちのこともありますので、地下の食堂やカフェで食事をするのもよいと思います。地下には売店などもあって買い物にも便利です。%e3%82%a4%e3%83%9f%e3%82%b0%e3%83%ac-8

こうして、ひたすら待つと、無事パスポートが返却され、延長された次の出国期限を書いたスタンプが押されています。無事1か月の滞在延長が認められました。領収書と申請料のお釣りが返されますが、なぜかお釣りの100バーツ紙幣が領収書にホッチキスで止められているというのが、毎回感じる謎です。

なぜかお釣りが領収書にホッチキスどめされている

なぜかお釣りが領収書にホッチキスどめされている

 

帰りは、またバイクタクシーでイミグレの敷地の外まで出て、来た時のバス停留所の付近の歩道橋を渡って道路の反対側に行き、近くにある寺の小屋みたいなバス停留所で、また52番のバスを待ちます。このバスは途中で行きと逆方向に向かいますがこれはUターンのためですので気にせずそのまま乗っていくとBTSのモーチット駅に着きます。%e3%81%84%e3%81%bf%e3%81%90%e3%82%8c-5タイ観光ビザの延長手続き方法・バンコクのイミグレ行き方と基礎知識でした。

 まとめ 観光ビザ延長の方法

 【必要なもの】

・パスポート原本、パスポートコピー(顔写真のページと最新入国スタンプのページ。白黒でOK)顔写真1枚、申請料1900バーツ、記入用の青ボールペン(写真とコピーは現地で入手可能)

【受付時間】

月曜~金曜日 8:30~12:00 13:00~15:30

※土日や祝日は休みです。その間に滞在期間が切れてしまわないように注意。直後であれば大丈夫という情報もあります。最初の受付を15:30までに済ませておかないと受理されないので気を付けてください。昼休みの時間は窓口が閉まります。

【場所】

バンコクのイミグレ―ションオフィス

The Govenment Complex Commemorating His Majesty , B Building , Floor 2 (South Zone)

Chaengwattana Road (Soi 7) , Laksi , Bangkok 10210

タイビザラン・海外観光情報

Return Top