バンコククラブ

海外タイでの生活相談 バンコク起業サポート 便利ニュース紹介&アドバイス情報

シーロム・タニヤ近辺で合鍵・スペアキーを格安で急ぎで作る業者の店

シーロム・タニヤ近辺で合鍵・スペアキーを格安で急ぎで作る業者の店

バンコクに短期・長期滞在している際に合鍵やスペアキーを急ぎで作る必要が出てくる場合があります。たとえば、ビジネスの出張などでオフィスを開設したり倉庫を借りた場合、自分以外の社員スタッフにも出入りをさせるため、あるいは、こちらでの拠点として借りたサービスアパートメントなどの合鍵が必要になったり、自分が日本に帰国している間にタイ現地で他の人も出入りできるようにするため、などのケースです。もちろん、一般家庭のマンションなどの部屋の鍵で、家族用に複製を作りたいときや、事務所の鍵の予備を作っておきたい時も同じです。 

オフィス街である、バンコクのシーロム近辺で、急ぎで鍵の複製を作りたい場合はどうすればよいのでしょうか。路上の屋台形式で出店している鍵屋さんがありましたので、利用してみました体験レポートをご紹介します。

 シーロムの路上鍵屋 行き方

場所ですが、シーロムのスラウォン通りのタワナホテルの向かい側付近です。BTSサラデーン駅やMRTシーロム駅からのアクセスですが、まず、BTSサラデーン駅を出て、タニヤ通りに入り、反対側まで突っ切ります。

突き当りがスラウオン通りですので、これを左折。左手にある、ババナホテル、サリカカフェなどを通り過ぎ、パッポン通りとの交差点を過ぎます。

パッポンを過ぎると、ファミリーマートとセブンイレブンを通り越したあとに、ソイタワンという通りと交差します。(焼肉「大枡」や日本食「とん清」のある通り)これを過ぎて20m先の歩道上に、このような屋台が出ています。%e8%b7%af%e4%b8%8a%e9%8d%b5%e5%b1%8b-1これが、路上キー屋です。私が最初に訪問した11:30頃は、店は出ていましたが、となりのプラスチック椅子におじさんおばさんが座っているだけでした。私はこの人たちが鍵屋だと思い話かけましたが、どうやら全く赤の他人のようで、鍵屋は席を外しているとのこと。店の屋台を路上に放置してどこに行っているのだろう?と、フリーダムさに驚きながらも、周囲の人の勧めで看板に書いてあった電話番号に電話をかけます。

おじさんがでましたが、早口のタイ語で何を言っているかわかりません。

しかたないので、座っていたおばさんに、「何時にオープンですか?」と片言のタイ語で聞いて、「通訳」してもらい(といってもおばさんもタイ語です。だが電話と違い目の前にいる人なので、だいぶ意味は分かりやすいです。)なんとか、1時間後に鍵屋が帰ってくることがわかり、その辺のカフェで時間をつぶすことにしました。 

小一時間後、同じ場所に戻ってみると、先ほどは見なかったおじさんが店に座っていました。「コピーキー、ダイマイカップ?」(コピーキー、デキマスカ?)とカタコトで話しかけてみると「OK」というので、この人が鍵屋さんということがわかりました。今回は、オフィスの鍵と、大型南京錠のの鍵の二つを2セット、つまり4本作製してもらうことに。値段を聞くと、1本30バーツ、ということでお願いすることにしました。こちらは路上にあるプラスチック製の「お客様カウンター」らしきイスに腰かけます。%e8%b7%af%e4%b8%8a%e9%8d%b5%e5%b1%8b-2

路上でどうやって金属を削るのだろう、と思いましたが、屋台の店の下には、実は大型発電器がついていて、金属を削るモーターが稼働するようになっているのでした。

鍵の原版に合わせて、おじさんは型をとっていきます。モーターが回転して金属やすりの鋭い音が、昼下がりのバンコクのスリウオン通りに響き渡ります。ほんの5分くらいで4個の鍵が出来上がりました。こういった業者は、難しい精度の鍵や、コピーキーのコピーだと、開かないものを制作することがありますが、ここはちゃんと4本とも正常に使うことができました。

あっという間に格安で鍵を複製できるので、精密なものでなければ、こういった路上鍵店を使ってみるのもよいでしょう。「シーロム・タニヤ近辺で合鍵・スペアキーを格安で急ぎで作る業者の店」情報でした。 

店舗データ

場所 スラウォン通り・タワナホテルの向かいの歩道上

営業時間 おそらく10:00~17:00 (11:30~13:00は昼休み)

言葉 タイ語オンリー

電話 081-636-4651(タイ語)

価格 一般的な鍵の複製 1本30バーツ。

場所・このあたりの歩道上。タワナホテルの向かい付近。

Return Top