バンコククラブ

海外タイでの生活相談 バンコク起業サポート 便利ニュース紹介&アドバイス情報

バンコクタニヤ【新鮮SHINSEN】日本居酒屋OPEN 料理感想

バンコクタニヤ【新鮮SHINSEN】日本居酒屋OPEN 料理感想

タイで海外生活をしていると日本食も食べたくなりますね。バンコク・シーロムのタニヤ通りという便利なところに日本料理屋がOPENしているというニュースをキャッチしたので、のぞきに行ってきました。情報をお伝えしましょう。

(2017年4月 「SHINSEN」は閉店し、8月より手羽先の「世界の山ちゃん・タニヤ店」にリニューアルしました)

その名も「SHINSEN 新鮮」

場所はBTSサラデーン駅側にあります。そちらからだと、タニヤ通りを入り、カラオケAGEHAや両替所の前を過ぎて、世界の山ちゃんを通り過ぎ、次の右へ行く路地の角にあります。タニヤプラザの斜め向かいで、シーロム通り側からは二つ目のセブンイレブンの隣です。以前は老舗の「すし幸」があった場所です。「すし幸」は別の場所に移転しています。

2016年6月8日ニューオープン、ということでオープン当日だったようですね。

店は表通りに面した部分は半分スモークガラス風になっており、高級感のある雰囲気。中に入ると、1Fはテーブル席が7卓ほど、カウンター席もあり、一人でも来れる感じです。タニヤ新鮮1

席に座りメニューをざっと見てみました。

お酒はアサヒ、キリン、シンハー、ハイネケンが120バーツ、ワインはGENESIS Chardonnay(白) やGENESIS Merlot(赤)がグラスで200、ボトルで900バーツ、日本酒は山田錦300MLで400バーツ、ウィスキーはジョニーウオーカー黒グラス200、ボトル2500バーツ、といったところです。

おつまみ系は、塩辛150バーツ、枝豆150バーツ、冷奴120バーツ、鶏から揚げ220バーツ、しいたけバター200バーツなど。

刺身は「新鮮」盛(9種)1500バーツ、「松」盛(7種)1000バーツ、「竹」盛(5種)500バーツ、単品だと、サーモン280バーツ、大トロ1000バーツ、マダイ380バーツ、甘エビ350バーツ

このほかは、寿司があったり、丼物は鉄火丼600バーツ、和牛ステーキ800バーツ、天ぷら盛で280バーツ、神戸牛すき焼きで1400バーツ、肉ウドン250バーツ、ざるそば200バーツ、梅おにぎり120バーツ、といったものがあります。

 

ずいぶんジャンルが絞り切れていない感じで、オープンしたばかりで混乱しているのだなと思い、店員さんに「なにがお勧めですかー?」と判断サポートを求めたら、「うどん、すしがおすすめです」とのこと。

たしかに店名が「新鮮」というくらいなので、刺身や寿司がメインっぽい。 そのあたりをオーダーしてみました。

タニヤ新鮮

イクラのサラダ。350バーツ。トマトがみずみずしいです。

タニヤ新鮮

アスパラバター 150バーツ。 バターの風味とコショウの辛さがちょうどよかった。シャクシャクした食感。

 

タニヤ新鮮 寿司

寿司盛 1000バーツ。シャリは酢の味はかなり抑えめ。関西風なのか、板さんはタイ人なのでタイ風なのか・・・。関東の寿司に慣れている自分としては個人的にはウーン。ネタは、たしかに新鮮でした。 お味噌汁もつきます。

タニヤ新鮮 店内

テーブル席はこのような感じ。そこそこ高級感のある雰囲気です。

タニヤ新鮮 座敷

2階は個室(掘りごたつです)が5部屋あります。そして、3階はバースタイルになっています。(お酒と料理は全階、同じ。)結構、席数の多い店です。

バンコク新鮮

ニューオープンだからか、メロンのデザートをサービスしてもらいました。

この店はスタッフも料理人も全員タイ人です。オーダーは日本語が上手なおばちゃんがいるので問題ありません

話を聞くと、この店のオーナーはサリカフェの経営者なのだとか。どおりでサリカフェの紙ナプキンが置いてあるわけです。

場所はとてもよいし、外からわかりにくいですが、個室もあるので、場所柄、カラオケで飲んだあと、女の子と一緒にデートしにくる、という人が多そう、というか完全にそうした客層を狙っていますね。宣伝しなくても口コミと客引きで集客できそうです。

ウドンや丼物もあるので普通に食事してもよいでしょう。

 

【お店データ】

店名 SHINSEN 新鮮

営業時間 17時~0時

住所 9/11-12 SOI THANIYA SURAWONG RD SURIWAONG BANGRAK BANGKOK 10500

電話 02-632-9849

日本語:通じる

Return Top