バンコククラブ

海外タイでの生活相談 バンコク起業サポート 便利ニュース紹介&アドバイス情報

バンコク・タニヤ裏「麺処かずき」特大どんぶりで食べるラーメンの感想

バンコク・タニヤ裏「麺処かずき」特大どんぶりで食べるラーメンの感想

シーロムのタニヤ通り近辺にはラーメンやそばが食べられる店がいくつかあります。タニヤ通りから一本路地に入ったところにあるオフィスビルのなかに、「かずき」という新しい店があるので行ってきた感想をレポートします。

「麺処かずき」は、タニヤの近くにあるオフィスビル「チャーンイサラタワー」の1Fにあります。チャーンイサラタワーは日本企業などのオフィスが入っているビルですが、有名な「味里」や「江戸家」などの日本料理店や、かつてのショーキャバレー「ニューヨークミニッツ」などがあって、観光客も使える店が入っている施設です。

タニヤ通り側からの行き方は、タニヤ踊りの中央付近にある二つのセブンイレブンの間にある路地を入ります。突き当りが「クラブ愛」ですが、そのすぐ右にある階段が「チャーンイサラタワー」の裏口です。階段を上りビルに入るとすぐ目の前にあるのが「麺処かずき」です。

以前、ラーメン屋の「がんてつ」があったところです。

主なメニューは

ラーメンは、白とんこつ190B、みそとんこつ210B、醤油ラーメン150B,鶏塩ラーメン120B,

そばは、そば150B、かき揚げそば180B、きつねそば170B,

うどんは、うどん120B,肉うどん150B、温玉うどん150B

で替え玉は45B、トッピングもあります。

ご飯ものや、おつまみもあります。

豚丼75バーツ、カレー100バーツ、かつ丼130バーツ、唐揚げ100バーツ、冷ややっこ60バーツです。

「麺処」ということですので、スタンダードな鶏塩ラーメンをオーダーしました。

店内の内装は、ほとんど「がんてつ」時代のままです。カウンターとテーブル席があり、ログハウス風に木の板で覆われているデザインです。入り口部分はガラスになっているので、チャーンイサラタワーの連絡通路の様子が見えるので、待ち合わせもしやすそうです。

出てきたラーメンをみて驚きました。

なぜかどんぶりがとても大きいです。コップと比べてわかると思いますが、一般的などんぶりより一回り大きいです。ヘルメットみたいに頭にかぶれるくらいです。ただし、ラーメンの量は普通です。

ところが、ちょっと内容が問題がありました。

今出てきたばかりなのに麺がぼそぼそとしています。コシがまったくなく、のびてしまっているような状態です。ゆで方を失敗したのか、もともとの仕入れた麺の質が良くないのかはわかりませんが、食感が微妙です。

なにより、スープが味気ないので、びっくりしました。味がほとんどしないのです。ただのお湯にラーメンをいれたような薄さです。調味料の入れる分量が少ないのでしょうか。それともあまりしょっぱい味は好まれないタイ人の味覚に合わせて超薄味にしているのでしょうか。そのままでは厳しかったので、テーブルにある醤油を大量投入して、何とか味を付けましたが、もはや鶏塩ラーメンではありません。

この日が、たまたまだったかもしれませんが、自分としては、味が薄すぎるのは難点でした。

タイ人のお客さんは入っているので、本当にあえて薄味にしているのかもしれませんが、もう少し味を濃くしたほうが良いとは思います。この日の味のままでは日本の観光客の評判上まずいと思いますので改良が求められます。「バンコク・タニヤ裏「麺処かずき」特大どんぶりで食べるラーメンの感想」レポートでした。

【店舗データ】

<店名> 麺処かずき

<場所> チャーンイサラタワー1F

<日本語> 日本語メニューあり

 

Return Top