バンコククラブ

海外タイでの生活相談 バンコク起業サポート 便利ニュース紹介&アドバイス情報

2016年ロイクラトン中止が開催へ・タイ観光や夜遊びの影響・最新情報

2016年ロイクラトン中止が開催へ・タイ観光や夜遊びの影響・最新情報

2016年10月13日にタイ王国のプミポン国王陛下が崩御されてから、10日が経過しました。バンコクでは、道を歩く多くの人々は黒い服装をしています。報道では、ソーシャルメディアに王室を侮辱する投稿を行ったとして、その投稿者を人々が糾弾するという動きも一部でありニュースになりました。黒い服装をしていない人に周囲の人が詰め寄るなどということもあるそうです。

%e7%8e%8b%e6%a7%98%e3%81%ae%e8%82%96%e5%83%8f

タイの街中では、人々は黒か白の服装をしており、いたるところに国王陛下の追悼看板が掲げられています。

観光への影響や町の雰囲気、夜遊びなどの繁華街の様子などの最新情報をまとめてみました。

タイ観光について

タイ国観光庁によれば、外国人の観光旅行の面では、コムローイという小型の熱気球が空に大量に浮かぶ幻想的な光景で知られる、毎年11月に行われる、ローイクラトン(灯篭流し)の祭りは、当初、中止となるという発表がありました。 

チェンマイのイーペン祭りは中止→開催へ変更

しかし毎年チェンマイで開かれているイーペン祭りは、当初は中止と発表されましたが、規模を縮小しての再開催が決定しました。

開催日は2016年11月12日(土)~15日(火)

クラトン(灯篭)のコンテストはチェンマイ旧市街エリアにて12日から18日の19:00~24:00、

コムローイ(熱気球)は14日と15日の19:00~翌1:00の間のみ打ち上げが許可されます。

ロイクラtンの熱気球

美しいロイクラトンの熱気球

スコータイのロイクラトンフェスティバルは中止・灯篭流しは開催

「スコータイ・ロイクラトン&キャンドル・フェスティバル2016」は中止となりました。

ただし、11月10日(木)~14日(月)の期間中の灯篭流しとスコータイ歴史公園のライトアップ(18:00~24:00)は予定通り行われ、入場料も無料となります。

バンコクの観光名所の状況(10月17日発表)

王宮とエメラルド寺院 10月31日(月)まで特別休館。

ワット・ポー 通常通り

ワット・アルン 通常通り

国立博物館 通常通り(9:00~16:00)

ラチャダムヌン・ボクシングスタジアム 休業中

ルンピニ・ボクシング・ラムインドラ 10月より1か月間休業

ジムトンプソンの家(タイシルクの実業家の記念館) 通常通り%e3%83%af%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%9d%e3%83%bc

ショッピングモールや大型デパート、人気エリアなど

アジアティーク・ザ・リバー・フロント (新しいショッピングモール)通常営業

サイアムスクエア (サイアムの中心にあるデパート) 通常営業

MBK(マーブンクローンセンター) 通常営業

パンティッププラザ(バンコクの電脳街) 通常営業

ヤワラート(バンコクの中華街) 通常通り

カオサン(世界中からバックパッカーが集まる安宿街) 通常通り

パッポン通り夜店(夜に並ぶ露店) 通常通り

チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット (巨大な土日限定の市場) 通常通り

(以上、タイ国観光庁公式サイトなどより。変更の可能性もありますので公式発表にご注意ください。)

http://www.thailandtravel.or.jp/

交通機関や公共サービスについて

バンコク内のBTS(スカイトレイン)やMRT(地下鉄)などの交通は普段通り利用できています。

また、観光庁の発表ですと、「全ての交通機関、銀行、病院、その他の公共サービスは平常通りご利用いただけます。」ということです。

夜の繁華街について タニヤ・ナナプラザ・ソイカウボーイ・パッポン

バンコクの繁華街にあるカラオケ店やゴーゴーバーなどは、当局の要請で30日間、音楽を流さない、夜12時までの営業を指示されている、という情報もありますが、営業自体は従来どおり行われているようです。

観光庁の公式見解によれば「政府はバーやナイトクラブなどの娯楽施設に対し営業の自制について協力を求めています。なお、営業についての決定は各店舗に委ねられています。」とのことです。

ナナプラザやソイカウボーイ、パッポンといったゴーゴーバーは大音量の音楽こそ停止されておりダンサーの女性も黒い色のコスチュームになっていますが、営業は行われています。

タニヤ通りは観光客や客引きの女性も戻ってきている

タニヤ通りは観光客や客引きの女性も戻ってきている

日本人街のタニヤに多くあるカラオケ店舗(パブクラブ)も、カラオケを歌うことは自粛していて夜0時までの営業と営業時間の1時間前倒しが行われていますが、営業は行われています。連れ出したホステス嬢と食事に出かける日本人観光客の姿も普段通り見かけます。

 

最新の情報は当サイトでも更新していきます。変更等にご注意ください。2016年ロイクラトン中止が開催へ・タイ観光や夜遊びの影響・最新情報でした。 

Return Top