バンコククラブ

海外タイでの生活相談 バンコク起業サポート 便利ニュース紹介&アドバイス情報

タイランド・バンコクではコンセントの形と日本の電気製品の電圧に注意

タイランド・バンコクではコンセントの形と日本の電気製品の電圧に注意

タイランド・バンコクでオフィスや店舗の改装を業者に発注した際に、電気工事関連で実際に起こったトラブルや問題点について、以前の記事「タイの内装電気工事の注意点 延長コードを多用するため見た目が悪い」で、おさえておくべきポイントを紹介しました。今回も、電気工事関連で注意すべき点をとりあげ、内装業者に工事を頼む際の参考にしてみましょう。

タイのコンセントに日本の電化製品をつなぐ際の注意

 バンコクに在住の人や訪問歴が長い人なら常識の話になりますが、タイ王国のコンセントプラグは、4種類あります。

「Aタイプ」という、日本と同じ、棒線の穴が2つあるタイプ。

「Cタイプ」という、丸い穴が2つあるタイプ。 

「BFタイプ」という棒の形の穴が3つあるタイプ。

「タイプAの3つ穴」という穴が3つあるタイプコンセントの形状

 多く目にするのはAタイプの変形です。写真のように日本と同じ棒線の穴とCタイプの丸い穴が兼用になっているものです。当然、日本から持ってきた電化製品は差し込むことができます。

電化製品を使用する注意としては、日本の電圧は100V、タイの電圧は220Vなので変圧器を通さないで日本の電化製品をコンセントに差し込むと、故障してしまうということです。

要注意なのは、変換プラグと変圧器は別物、ということです。変換プラグはあくまでも穴の形が異なるプラグをコンセントに入れられるようにするためのものですので、電圧は変わりません。よってタイの220ボルトの電気が流れ込んできますので、対応していない電化製品は故障します。

 判断する方法は、その電化製品の裏面やACアダプターに貼っている仕様を記載したシールを見ることです。そこに例えば「INPUT 100V-240V」と書いてある電化製品は、国際的に使えるように製品自体に変圧器が組み込まれているので、問題ないです。

その仕様シールを確認するというのが鉄則です。でも目安としては以下のような分類になります。(必ずご自分で確認して下さい。当記事では責任を負いかねます。) 

【タイのコンセントに入れて大丈夫な製品】

 パソコン、携帯電話の充電器(ドコモ、AU、ソフトバンク、アイフォーン)、デジタルカメラなど

 【変圧器を通さないと故障する製品】

 ドライヤー、日本国内で購入したDVDプレーヤー、電動カミソリ、冷蔵庫、炊飯器など

 

コンセントを取り付ける内装工事の際に注意すること

 電圧については上記のとおりですが、入手した物件の内装工事をする際は、コンセントの形状にも注意してください。

古い物件だと、丸穴(Cタイプ)しかついていないという場合や、3穴に対応していないコンセントがあります

3穴タイプのコンセントがないと、このような電化製品が使えません。

3穴タイプのコンセントがないと、このような電化製品が使えません。

通電確認だけして、あとでプラグの形状があわなくて電化製品が使えないことが発覚したという場合もあり得ます。再度工事業者を呼ぶと経費と時間の無駄になりますので、よく確認しておくべきです。

また、タイの古い物件でややこしいのは、同じ建物・室内でも場所によってコンセントの形状が異なる場合もあるのです。取り付けた時期が異なるのか、適当なのか、それとも前の物件使用者やオーナーが、いろいろなタイプの電化製品を使用していて、あえて複数種類のものを取り付けることにしたのかは、わかりませんが、「1か所がこのタイプだから他も同じだろう。」とは考えないで、必ずすべてを確認することをお勧めします。

 

 

Return Top