バンコククラブ

海外タイでの生活相談 バンコク起業サポート 便利ニュース紹介&アドバイス情報

バンコクで日系内装業者に店舗改装を依頼し起きたトラブルの解決体験談

バンコクで日系内装業者に店舗改装を依頼し起きたトラブルの解決体験談

バンコククラブには、様々な分野での、信用の高い企業や技術者、専門家の情報とネットワークがあります。そうした方々を、バンコクで生活や起業・業務をされている方々が相談したいことやトラブルが発生した際に、ご紹介をして問題解決のためのマッチングを行ってきました。 そうした相談事例についてご紹介します。 (当記事はご相談者様の了承を得て掲載しております。また、場所・人物が特定されるような部分は改変してあります。)

バンコクで日系内装業者に店舗改装を依頼し起きたトラブルの解決体験談

<ご相談者> バンコク・シーロム 飲食店経営

<トラブル内容> 店舗リニューアルの際、内装業のT社(日系)に、室内壁面のくりぬきとガラスはめ込み、塗装などを依頼した。 しかし、壁をくりぬき少し修復しただけで工事が中断。事情を訊くと、くりぬいた壁面にガラスをはめ込み、残りの穴は廃材を再利用して埋めていたが、資材がなくなったため、と言われた。 資材を買い足すことを依頼すると見積もり以外の別料金、と言われかなり高い見積もり額を提示された。  

<相談に対する対応と紹介専門家> タイでは内装業者とのトラブルは多発しています。日系の会社であったり、担当に日本人がいたりするので割高でも安心して頼んだところ、なかなか工事が進展しない、工程が増えたといって見積もり額が上がっていく、といったケースが多いです。しかも、元の内装を撤去したあとに発覚する場合が多いため、その場で契約を解除して工事を止めることもできず、言い値のまま払う人が多いのが現状です。 このような場合は、損害補償請求の法律知識や、建築資材の価格相場・作業人夫の賃金などのデータ、代替業者探しなどを、バンコククラブのもつ情報や紹介できる専門家によって提示させることで問題解決へとつなげます。

<ご相談者の声> バンコククラブさんに相談し、業者から最初に出た見積もり書のあいまいでおかしい部分を指摘していただき大変助かりました。相手の業者は、最初は、もし工事を止めるなら確保した資材の値段が高いので必ず払ってもらう、と言ってきていましたが、見積書の矛盾を指摘することで、退けさせることができました。 また、新たに紹介していただいたタイの業者が半値以下の大変安い料金で工事を完成してくれたので、損害を減らすことができました。このたびは誠にありがとうございました。

コメントComments Off
Return Top