バンコククラブ

海外タイでの生活相談 バンコク起業サポート 便利ニュース紹介&アドバイス情報

バンコク・タニヤ通りにあるプレハブコンテナ店舗を借りて儲かるのか?

バンコク・タニヤ通りにあるプレハブコンテナ店舗を借りて儲かるのか?

バンコク・タニヤ通りにあるプレハブコンテナ店舗をビジネスとしてみた場合はどうなのでしょうか?

現在ある店をとりまく客層と傾向について考察してみましょう。

 ビジネスフィールドとして考えた場合のタニヤのプレハブコンテナショップ

 コンテナの数は、北側(スリウォン通り側)に10軒、南側(シーロム通り・BTSサラデーン駅側)に10軒の計20軒です。物件詳細については「バンコク・タニヤプラザ前のプレハブコンテナ店舗の家賃と借りる方法」の記事に特集しましたが、このコンテナの家賃は1か月3万バーツです。

小さいとはいえ、これほどの一等地に店を構えることができてこの料金、というのは破格だとは思われます。

試しに1日観察してみるとわかりますが、大変な数の人々がここを通ります。

客層は大きく分けて3つあると考えて下さい。日中のタイ人OL、夜の日本人観光客、そしてタニヤ嬢です。

 日中のタイ人OLについてみてみましょう。

コンテナの対岸はカラオケ店街なので昼間は静かですが、タニヤプラザの5Fから29階までは多くの企業が入っています。タイのオフィスワーカーは女性が多いので、朝晩の出勤時は大勢の女性がタニヤ通りを行きかいます。この層を狙うのであれば当然、南側、BTSの駅側のコンテナを選ぶべきでしょう。

圧巻なのは、ランチタイムです。タニヤプラザを背にしてタニヤ通りの反対側へ進み、一本入った路地には昼時にはご飯やラーメンの屋台が並ぶのですが、この路地をタニヤプラザや反対側のCHARN ISSARAショッピングセンタービルから出てきたOL達が埋め尽くします。

あまりにも人が多いので、昼時に限定で移動ハンバーガーショップのバンがタニヤプラザ前に停まったりします。

タニヤプラザに出入りする人

タニヤプラザに出入りする人は皆、プレハブコンテナ店の前を通ります。

既にあるものも含めると、テイクアウトのジュース販売やカフェ、弁当屋などの飲食関係か、オフィスで使う文房具用品や紙類などの販売、ラミネート加工などの印刷関連などのオフィス関連のサービスなどは需要があり向いていると考えられます。

 日本人観光客とタニヤ嬢をターゲットにするならば、夜18時以降です。多くのカラオケ店の営業時間は19時~翌1時です。カラオケ店に遊びに来た観光客がすこし早くつきすぎて時間つぶしに何か買い物をすることを狙ったり、店に出勤してきたり店から抜けだしたタニヤ嬢が買うような物品・サービスの提供は適しているでしょう。

また、タニヤ嬢がお客に連れ出されてカラオケ店から出てきたときに、女の子が「お客さん、あれを買ってください。」とおねだりすることを見越して女性向けの物を販売したり、そのように宣伝をする、という手法も有効かと思われます。

今、営業している店が空けば、居抜き店舗として使用をすることもできます。情報を集めることが重要です。

 

 

Return Top